今回一ヶ月間の滞在でしたが留学前と比べると全ての面で伸びたと思います。やはり毎日6時間のプライベートレッスンの効果は抜群ですね。

ヒロキさんから体験談いただきました。
■フィリピン留学2度目とのことですが、最初の学校とPGLIでは具体的にどのような違いがありましたか?(授業・施設・環境など)

前回の学校は先生が全員ネイティブで、ほぼ全員が英語教師として長い経験があり教え方は凄く良かったです。ただアメリカとイギリス出身の先生の授業はアクセントのせいか一ヶ月たっても殆ど聞き取れなかったです。
残念ながら英語初心者の自分にはレベルが高過ぎたと思います。PGLIの先生達はとても聞き取り易く理解し易い英語で話してくれるので、初心者にはとても良かったですね。

前の学校ではグループレッスンが毎日二時間ありましたが、質問する時間が殆どなく「やはりプライベートレッスンじゃないと駄目だな」と思いました。また前回の学校の部屋はかなり古く、ゴキブリ、アリ、ハエ、蚊と色々な虫が出てくるので生活環境はあまり良くなかったです。さらに部屋にある冷房の音がうるさ過ぎて一ヶ月間殆ど熟睡できなかったです。

PGLIはとても新しい学校で良く清掃が行き届いているので、とても快適に過ごせました。建物内は裸足で過ごせるのも日本人には良いところだと思います。フランスに長く住んでいますが、未だに土足で部屋の中を歩き回るのは好きになれないですね。
学校は高台にあり何時も非常に気持ちの良い風が吹いており、夜は涼しい時期に滞在していたからか扇風機を付けなくても十分眠れました。

食事ですが前回の学校では60人分の食事を一気に作るからか、あまり美味しくなかったです。

PGLIでは少人数の食事をじっくり作るのでとても美味しかったです。町のレストランよりも美味しいと思います、しかも絶対に食あたりを起こす事も無いし。まあ食べ過ぎて自分のように太らないように注意しましょう!学校内では日本と同じように快適に過ごせるのではないでしょうか。


■留学前と留学後で「英語」はどのようにちがいますか?

今回一ヶ月間の滞在でしたが留学前と比べると全ての面で伸びたと思います。やはり毎日6時間のプライベートレッスンの効果は抜群ですね。英語を話す機会はいくらでもあるし、山本さんに分からないところは日本語で聞けるのでありがたかったです。


■グループレッスンと比べて完全プライベートレッスンはどう違いましたか?

完全プライベートレッスンはやはり非常に効果的だと思います。理解できないところがあればいくらでも時間が取れるし、自分のやりたいところに合わせて勉強できるので。グループレッスンだと自分のペースで勉強できないし、理解できなかった事はそのままになってしまう確率が高いですよね。


■PGLIの教師たちはどんな感じでしたか?

先生達は非常に親切でした、理解できないところは自分が納得できるまで付き合ってくれるし、聞き取り易い英語で話してくれるので助かりました。19歳のウェンジィには文法を教えてもらいました、彼女の年齢はとても若いですが、説明がとても上手く初心者の自分にも良く理解できました。メリッサには会話を中心に授業を進めてもらいました、彼女には色々な表現方法を根気良く教えてもらいました。アンジェラの授業は何時も笑わせてくれるので退屈する事はまず無いでしょう、彼女からは「俗語!」を習いました。


■プエルトガレラのダイビングはいかがでしたでしょうか?

ダイビングはサバンの安いところで、1ダイブ1000ペソ(備品は結構古かったです)でできるので安いと思います。メリッサ(先生)の旦那さんと一緒に潜ると一回1200ペソ程です。学校近くのホワイトビーチから出発するのでダイビングだけしたいのであればホワイトビーチから出発した方が安上がりでしょう、サバンに滞在するとホテル代や食事代もかかるし。ホワイトビーチからだと午前中か午後に2回潜り、昼食や夕食は学校でとる事も可能です。サバンに行くとトライシクルで往復600ペソ、ホワイトビーチまでは歩いても行けますが、トライシクルで往復200ペソ。


日本語を考える間もなく自然に口から英語が出るようになっていきました。

Kenさんから体験談いただきました。

■身につけた英語で「世界旅行」はより楽しめそうでしょうか?

語学留学を思い立ったきっかけは長期の海外旅行をするにあたり、より旅行を楽しめるように英語を勉強したいというものでした。そのため語学留学での目標として英語を話せるようになるということは当然ありましたが、なによりも海外旅行をするにあたり毎回感じていた英語からのストレスから開放されたいということがありました。
山本さんの学校で10週間、毎日英語に触れる生活をさせていただいた結果、自然に英語になれ、英語に対する抵抗感はかなりなくなったと思っています。実際に今旅行中ですが、英語に対してストレスなく過ごせてますので、思う存分楽しめそうです!


■留学前の英語と比べてどのような変化があったのですか?

留学前は伝えたくても英語で表現できずに伝えられないことが多々あり、
留学当初も絵と辞書で調べた単語で伝えるといったもどかしい気持ちの中、授業を行っていました。
ですがWenzeeから文法をDenとJanetから単語を教えてもらい、毎日の授業で使っていくうちにそのフレーズを口が覚え、また山本さんからアドバイスをもらい短い文章の組み合わせで表現を行っていくにつれ、日本語を考える間もなく自然に口から英語が出るようになっていきました。
その後は自分の口が覚えている英語の形の中に新しく覚えた単語を取り入れたり、文法の授業で習った新しい言い回しなどでの表現に挑戦という形だったので英語での会話を楽しめるようになりました。


■午前と午後の授業をどのようにアレンジされましたか?

午前中は単語、午後は文法の授業といったアレンジで本当に基礎からはじめました。ただテキストは1日1ページぐらいずつで会話を行っていることが多かったです。特に午後のWenzeeとの授業では最終的にテキストは使わずに、話してばっかりいました。


■プエルトガレラは安全でしたか?

留学中に危険を感じたことはなかったです。町に行けば買い物をしている先生を見かけたりと小さな町のため、危ないことは起こりにくいのかなと思いました。夕食を外に食べに行き、帰りが遅くなっても、安全にすごせたことは非常によかったです。


■一番想い出に残った場所はどこですか?

10週間の滞在中、ホワイトビーチやサバン、カラパン、ポンデロッサ、朝の市場等いろいろなところに行きましたが、一番思い出に残った場所は学校でした。授業を行ってもらったJanet、Den、Wenzeeはみんな明るく授業を盛り上げてくれましたし、また山本さんや他の生徒さんと朝歩いたり、夜いろいろと話しをしたりと楽しい想い出がいろいろとでき、本当にお伺いしてよかったと思っています。

ありがとうございました!


ぜんぜん伸びなかったリスニングが中上級に飛躍しました。

式田清貴さんからコメントとお手紙いただきました。


■前の留学で伸びなかったリスニングはPGLIで伸びましたか?

前回のセブ留学では8週間自分なりに精一杯頑張りましたが、日本への帰国時にやっと中級クラスに踏み込めた程度で思っていた程あまり効果がなかった感じでした。本当に残念な気持ちでした。
しかし、今回の留学は期間こそは5週間という短期間でしたが前回の苦い経験を生かし、まず最初に「目標設定」から入り、そしてそれに向けての「勉強の方向性」を山本さんと入念にチェックしたことにより確実にレベルアップをはかれました。今では私のリスニング力は中上級レベルぐらいに飛躍できたと確信しています。そして今回のすばらしい経験を踏まえて、今私の胸に去来するものは改めて「効果的な学習法」の大切さを認識させられました。


■やらされ授業とPGLIのような一人ひとりに合わせていく授業ではどんな感じでちがいましたか?

前回の留学では1対1の他に1対4あるいは1対8更にはオプションクラスによっては1対16等様々なクラスが存在していました。
しかし、ここでは完全に先生と生徒がマンツーマン形式でしたので他の生徒さんに気兼ねする事なく先生を一日中独占でき、しかもグループレッスンのときではあり得ない様な質問やトークなどもたっぷり満喫できたので本当に有意義な日々を送ることが出来ました。また私の場合は特にリスニングが最大のウィークポイントだったのでそれを克服する為に先生と教材をフル活用させていただきました。


■セブとプエルトガレラではどのような違いがありますか?

セブはマニラに次いでかなり都市化が進んできており、買い物や食事時などはあまり不自由はしませんでしたが、交通量がかなり多く、生活環境としては大分悪化しております。今では観光地としての面影は一部の地域を除いてあまり感じられません。
これとは対照的にプエルトガレラは今でも本当に手付かずの自然がそのまま残っている場所が多く、まるで別世界に居る様な感じでした。特にビーチではビューティの姿もチラホラ見られ思わず興奮してしまい慌ててシャッターを押そうとしましたがフィルム切れで残念でした。


■生活サポートはどうでしたか?

まず食事面についてですが毎回違ったメニューが出されていてよく工夫がされていました。次に部屋の清掃も全く手抜きをすることなく手入れが行き届いていてとても気持ちよかったです。
更に洗濯物も毎回きれいに仕上がっていてとても助かりました。
またスタッフの方に何度か病院へ連れて行ってもらったり買い物等の多少無理な要求も快く引き受けてくださり、本当にお世話になりました。


■PGLIの食事はどうでしたか?

前回のセブ留学では基本的に生活環境そのものが韓国スタイルだったので毎食必ずキムチなどのスパイシーフードが入っていました。また週に一度はビビンバも出されていました。
しかし、ここでは毎食毎に別メニューが出されしかも、味の方もかなりおいしかったと思います。よく工夫されていた跡が残っていました。私は残念ながらもうじき帰国をしますが、これからいらっしゃる生徒さん達にも手の込んだ料理を作ってあげてください。大変お世話になり有り難うございました。


オーストラリア留学との違いは?

石谷亜耶さんからコメントいただきました。
■なぜ、PGLIを選んだのですか?

両親と相談しました。前の留学ではクラスの中にたくさん生徒がいて私が話す機会がもてなかったので、プライベートレッスンの授業でたくさん話そうと思って選びました。人前で話すのが苦手だったし


■以前、オーストラリア留学をしたそうですが、PGLI留学と違いは何かありますか?

さっき書いちゃったけど、クラスの中の生徒の人数がぜんぜん違います。
2か月オーストラリア留学したのですが、クラスに生徒が15人ぐらいいたので私はほとんど会話をすることができませんでした。山本さんのところはマンツーマンレッスンだったのでたくさん話をすることができました。私がどんな勉強したいのか?を聞いてくれて私の興味に合わせて授業を予定してくれるのが特別扱いしてもらっている気分でうれしかったです。


■英語は伸びましたか?

話しをするのが全然ダメだったんだけど、話せるようになりました。ゆっくり話せるようになった感じですね。先生と会話がはずむようになったときに楽しい!と思いました。先生がきまりきった会話じゃなくていろいろ話題をふってくれてよかったです。


■プエルトガレラでの生活はどうでしたか?

海もきれいだったし、自然がいっぱいあってすごく良かったです。砂浜で寝そべって全身マッサージしてもらえるのがすごくきもちよくて毎週マッサージしてもらってました。欧米人もたしかにたくさんいましたねー。声かけられましたよ。


■今後、来られる学生さんに一言いただけますか?

私のように自己主張ができない人にはオススメです。景色が綺麗で癒されるのもポイントです。


TOEIC560点→765点へ 205点UPしました。どうやって?

鈴木啓悟さんから体験談いただきました。
■日本でTOEICのスコアアップに苦しんだとお聞きしました。3カ月留学で何点ぐらい伸びましたか?

200点ほどあがりました。
リスニングが130点、リーディングが70点ほどあがりました。
毎週休日にテストを1回受け、復習したあと必ず翌週と翌々週に再テストを行いました。山本さんが計画してくれた計画にそって勉強をすすめることができ、自信がつきました。先生も計画通りにすすめてくれて、とてもわかりやすく教えてくれました。


■驚異的にリスニングの点数が上がった理由を教えてください。

最初の一カ月はリスニング速度を倍速にして耳を慣らしました。また、その時に使用した教材はとてもおもしろく、継続的に暇なときに聞くことができました。授業の中では、シャドーイングなども行いました。2か月目からはTOEICのリスニング問題を中心に練習しました。最初の1カ月で速さに慣れたことがスコアアップにつながったと思います。


■TOEICのスコアアップに何が一番役に立ったと思いますか?

やはりマンツーマンで常に先生と会話できることだと思います。わからないところがあればすぐに質問できるし、わかりやすく教えてくれました。
自分のタイミングで休憩もとれるし、先生と世間話ができるのでストレスなく授業が受けることができたのもよかったです。


■TOEICの授業で「日常英会話」は上達するものなのですか?

TOEICコースの授業でも間違いなく上達します!!
留学する前は、ほとんど会話なんてできませんでした。毎日、先生と会話をしていたので自然と日常英会話も話せるようになったと思います。会話中におかしな文法で話してしまったら、それはちがうと訂正してくれました。また、ウェンジィと毎日メールをしていたのですが、もし間違っている文があったら次の日にここは違うと分かりやすく説明してくれました。
週末には、先生にいろんなとこに連れていってもらいました。
今では自信を持って会話することもできます!!


■留学前のフィリピンのイメージとプエルトガレラの現実は同じでしたか?

留学前は、危なくて暑い場所。そんなのイメージでした。実際は、プエルトガレラはまったく危ないなんてことはなく、暑さも日本のほうがジメジメしているぶん、暑いと感じるぐらいでした。学校も山にあるので、風がとても気持ち良かったです。海もすごくきれいで、学校からの景色も最高でした。
先生たちはみんなとても明るいし、優しくとても楽しい3カ月を過ごすことができました。特にメリッサ、ウェンジィの二人の先生にはお世話になりました。ご飯もおいしく、不自由なくすごすことができました。
3カ月ほんとうにありがとうございました。


マルタ留学とPGLI留学との違いは?

土屋さんから体験談いただきました。
■マルタ留学とPGLI留学では具体的にどんな違いがありましたか?

以前にマルタ共和国に語学留学をしていたのですが、マルタでは先生と生徒が1:10位で授業を行っていました。そのため、よく話せる生徒がどんどん発言してしまい、引っ込み思案な性格でスピーキング能力も低い私は、授業中ずっと黙っているということもありました。人が多いのでたくさんの人と友達になれるというメリットはありますが、おとなしい性格の人にはなかなかきつい環境だったと思います。
PGLIでは1:1の授業のため、私のスピーキング能力に合わせた授業を行うことが出来ました。2週間という短期留学でしたが、英語で会話することに少し自信が持てるようになりました。とても感謝しています。
また、マルタでは食費を安く済ませようと自炊をしていたのですが、PGLIでは毎日3食を用意してくれて、余計な時間とお金をかけずに英語の学習に集中することができました。しかもかなりおいしい料理が出てきます。サポートに関しても、山本さんに直接要望を伝えることが出来るので、迅速な対応をしてもらえました。


■「英語教師たちと行ったシュノーケルの旅」はどうでしたか?

プエルトガレラの海は、今まで訪れた中で一番透き通っていて綺麗な海でした。教師の方々とピクニック気分で朝食を食べ、洞窟に潜ってエメラルドグリーンの海を泳ぎ、シュノーケルで色とりどりの魚を観賞し、手付かず状態のビーチでのんびりして、忘れられない一日を過ごすことが出来ました。授業とは違ったかたちで、教師の方々と友達感覚で英語でコミュニケーションでき、楽しみながら英語を学ぶことが出来ました。


■フィリピンのチップ文化に驚いたそうですが、どんな感じでしたか?

これまではここまで露骨にチップ文化のある国に行ったことがなかったので、最初は空港入口、タクシーを降りた直後、港など要所要所で人が集まってくるのにびっくりしました。特に何をしたわけでもないのに一言目に「チップくれ、チップくれ」なんて言ってくる人もいました。PGLIでは送迎もきっちりしてくれて、こういった人たちからも上手く距離をとってくれるので、安心して留学生活を楽しむことが出来ました。


■初ジプニー&トライシクルのご感想は?

どちらも天井が低いのがちょっときつかったです。
トライシクルはスピードもそんなにでないので、のんびり町並みを観賞できました。ジプニーは横向きで進むのでちょっと酔うかなと思っていましたが、風が気持ちよくて気づいたら居眠りしてました。私の乗ったジプニーは朝早くて空いていたので、混んでいたら居心地悪かったかもしれないです。


■英語教師たちと行かれたカラパンの印象は?

カラパンの町並みはごちゃごちゃと店が並び、そこをたくさんの人々が歩いていて、町全体がエネルギッシュな感じでした。観光地というよりも地元民の買い物の場という感じで、レイシェルとウェンズィに町を案内してもらい、彼女らのおすすめの店を色々まわって一日を過ごしました。「おなかすいてない?」とか「何か欲しいものはある?」とか二人とも終始私に気を遣ってくれて、カラパンを満喫することができました。


留学前は300点台→645点にUPしました。

RYOKOさん

(RYOKOさん)

Q1.留学前と今の英語力はどのように変化しましたか?

私がPGLIに留学する前の英語力はひどいものでした。学生のころから英語が苦手で、会社で受けたTOEICは営業所の中で最低の300点台でした。

外資系の会社に働いていながら、全社員に送られてくる簡単なインフォメーションメールでさえ同僚に訳してもらい、苦手意識から英語とはできるだけ距離を置くようにしてきました。そのわりに海外旅行は好きで、海外で過ごすたびに「もっと英語ができれば」と思いながら行動を起こさずにいました。

20年間働いた会社を退職した後、急に自由になった時間を何に使おうか色々考えました。そうだ、苦手だった英語を習ってみよう!それも海外で!と思い立ち、PGLIにやってきたのです。

45歳を超えている私がどこまで英会話ができるようになるのか?でもきっと毎日英語に触れれば、なんとかなるはず!と思い切りだけで乗り込んだのです。

最初は英語を話すこと自体にも慣れず、緊張して、硬くなっていたことを思い出します。間違った英語を話してしまったら・・・と変な恥ずかしさもあり、積極的に話すことができませんでした。それでも、明るくて優しい先生方と接するうちに次第に慣れて話せるようになりました。

具体的な目標を立てずPGLIにきてしまいましたが、英語を勉強していく中で目標があった方が成果がわかりやすいと思い、帰国後の就職活動のためにフィリピンでのTOEICを受験することにしました。

授業は英会話中心ですすめてもらい、受験対策は主に自己学習で行いました。最終的にはフィリピンで3回のTOEICを受けましたが、575点、600点、645点までスコアを伸ばすことができました。目標の650点には届きませんでしたが、日本での私の英語力と比較すると段違いです。

PGLIを卒業後、英語力を試すためにマルタ島の英会話学校に3週間留学しました。その際は日常生活ではほとんど困ることがなく、ビジネス英会話コースも受講することができました。

今では、英語のメールもあまり問題なく読めるようになりました。日本に帰国後、人材派遣会社に再就職して働きはじめました。その会社はアジア人を積極的に採用しているので、面接時にフィリピンでの経験が評価されたのかもしれません。これからはフィリピンだけでなくアジアの人々が日本で働くことができる環境作りに貢献できればと思っています。

PGLIでの私の経験は英語力を高めることだけでなく、視野を拡げ、これからの人生を見つめなおす良い機会になりました。人間力もアップしたかも?と思います(笑)


Q2.プエルトガレラはいかがでしたか?

ダイバーの私は「語学留学するならダイビングができるところ」と決めて留学先を探しました。

もともとフィリピンには何回か旅行をしたことがあったので、雰囲気はわかっていたので安心感がありました。でもセブ島など日本人の多いところは避けたかったので、日本人の少ないプエルトガレラを選択しました。

プエルトガレラは欧米人にはダイビングスポットとして有名な事は知っていましたが、実際にダイビングをしてみて、とても感動しました。ダイビングスポットがベースから近く、地形も生体も多彩でした。

また、夜の街も賑やかでダイビング後、飲みに行く場所は困りません。格安のマッサージにも感動です。残念ながらPGLIからは距離があるので、ウィークデイは学校で勉強し、週末はダイビングスポットに泊りで遊びに行っていました。

PGLIでは自然の中でフレッシュな空気をたくさん吸って、夜は満点の星を見ることができました。私のお勧めはシープレインに乗ることです。マニラ港とプエルトガレラ間を30分でつなぐ水上小型セスナです。プエルトガレラの上空から見る、明るいスカイブルーの海に真っ白な砂浜、濃い緑の木々のコントラストはとても印象的でした。

PGLIは卒業しましたが、毎年帰りたい場所になりました。


Q3.本校のマンツーマン授業はいかがでしたか?

私は1日5時間の授業を選択しました。午前と午後で1名ずつの先生が担当してくれました。
先生方は生徒の方が多く話せるように配慮してくれます。マンツーマンで先生40%、生徒60%を目安にレッスンを進めてくれました。

最初は英会話に慣れることで精一杯でしたが、次第に自己学習でできること(例えば単語を覚える、文章を読む、リスニングの練習など)と、先生と一緒に学習した方が効果的なことがわかってきました。

その都度、自分からリクエストし、授業の内容を調整していただきました。特に先生に注力してもらったのが発音です。フィリピンの先生方は英語圏のネイティブではないために、各自練習を重ねて正しい発音を習得してきているので、私にとってはわかりやすい教え方でした。

長期滞在になると先生に慣れてしまい、マンネリ化することもありましたが、自分の癖を知ってもらえているので安心して授業を受けることができました。グループレッスンと比較し、話す機会が断然に多く確保できるのでマンツーマンレッスンはお勧めだと思います。


スピーキングの方も、基本構文や先生方がよく使うフレーズを覚えて何度も使ううちに、反射的に使えるようになりましたね。

木浦義明さんの体験談

■スピーキングとリスニングを伸ばしたいとのことでしたが、留学前と留学後では具体的にどのような変化がありましたか?

スピーキングもリスニングも留学前と比較してかなり向上したと思います。具体的な変化だと、留学前はリスニングが苦手で、かろうじて聞き取れた単語から文章の意味を推測することが多かったのですが、滝のように英語を浴びて耳が慣れたおかげか、文章全体を結構聞き取れるようになりました。
スピーキングの方も、基本構文や先生方がよく使うフレーズを覚えて何度も使ううちに、反射的に使えるようになりましたね。


■レッスンの進め方はどんな感じでしたか?

私は文法そっちのけでトークばかり練習していました。一応テキストもあるのですが、テキスト内のトピックを土台にフリートークを展開するような感じでしたね。次から次へと話題をつなげてくれるので、話は尽きませんでした。


■週末はどのように過ごされましたか?

英語を教えてくれていたKaye先生とRachelle先生と一緒にプエルトガレラ観光やシュノーケリングをして過ごしました。週末のプライベートな時間にも関わらず、快く付き合ってくれた先生方には本当に感謝しています。授業時間外とはいえ先生方とのコミュニケーションは全て英語なので、週末の特別課外授業みたいな感じでしたね。毎週末楽しみながら、フィリピン文化と英語を勉強できました。また、現地で使えそうなタガログ語も少し教えてもらったので、それをお店で使ってみるのも面白かったです。


■授業を終わった後は何をされて過されましたか?

授業の後は、とりあえず簡単に復習をして、その後はのんびり休息していたと思います。学校の周辺を散歩したり、ホワイトビーチまで歩いたり。あっ、先生や他の生徒さんと一緒に街の方までローミーを食べに行ったりもしましたね。


■スペシャルマンツーマンレッスン(7時間)はいかがでしたか?

朝に3時間、昼に4時間のスペシャルマンツーマンレッスンはすごく疲れましたが、英語脳を作るのには非常に効果的だと感じました。
留学を始めた当初は英語を全部日本語に置き直してから考えていたのですが、1週間くらい滝のように英語を聴いて話してると、少しずつ英語を英語で理解して考えられるようになりましたね。余計な翻訳をしなくて済むので、留学後半になると会話のスピードが上がっても結構ついていけるようになりました。そうなると会話できる量が増えるので、7時間があっという間でした。


■他の方の「体験談」を読まれてPGLIを選ばれたそうですが、実際はどうでしたか?

何というか、書いてあるまんまでしたね。HPに載っている体験談は多少盛っている前提で読んでいますが、あまりにそのままでびっくりしました。


全ての授業時間を会話のトレーニングに費やしましたが自分の期待通りの授業でした。

シンイチさんの体験談
■TOEIC930点、IELTS7.0をお持ちとのことですが、今回の英語留学で得たものは何ですか?

日本ではスカイプを通じてフィリピン人の先生とはなすサービスを利用していましたが、時間も短く、トピックについて深く話すトレーニングが出来ない状況でした。しかし、こちらでは毎日同じ先生と長時間、テーマを決めて話すトレーニングをすることで、何を話せて何を話せないかがわかるようになりました。自分の場合、特に自分以外の視点からものを表現することに難しさを感じたため、その部分を徹底的にトレーニング出来ました。


■留学前に想像していたような希望の授業ができましたでしょうか?

全ての授業時間を会話のトレーニングに費やしましたが自分の期待通りの授業でした。


■一番暑い4月の留学でしたがどんな感じの気候でしたか?

思っていたより快適でした。夜間は大変涼しく過ごしやすい気候でした。
朝は風が吹いて本当に気持ちがよいです。


■ホーリーウィークはいかがでしたか?

近所のホワイトビーチでお祭りがおこなわれていましたが、非常に派手な感じで楽しめました。また、その期間は、授業はないので、自分で勉強していました。


■学校の一番の魅力は何ですか?

やはり、勉強に強制的に集中できる環境に身を置けることでしょうか。
もちろん先生たちと距離感も近く、ディスカッションの話題も豊富で授業はとても満足いくものでした。また、ご飯もおいしく食事には特に困りませんでした。またスーパーのぎりぎり徒歩圏内で、生活に必要な品は揃います。ちなみにやはりマンゴーはおいしくて安いので毎日食べました。


1カ月留学しましたが来た時に比べて大分話せるようになりました。

中島 一也さんから体験談いただきました。
■留学を延長した理由は?

教師と話していると段々と上達してきている自分に気づきます。
それがとても嬉しいです。
延長した理由はもっと上達したいという思いと教師、山本さん、アンジェラ、同じく英語を話せるようになりたいという目的で集まった他の生徒さんと、もっと一緒にいたいと思ったからです。
本当にいい人達に巡り合いました。


■山本さん

山本さんとは大変、仲良くさせて頂きました。ホワイトビーチ、サバン、ルカ、ポンデロッサ、カラパン、タウン、サンドバー、ドゥラガン、ムリエ沢山の場所に一緒に出かけました。そして二人とも携帯を水没させましたね。好みのゲイも一緒でしたね・・・笑
星を眺めたり、シュノーケリング、散歩したりタワーを飲んだり、蛍を見たり、映画を見たり、ドラクエしたりなどと、沢山の思い出があります。山本さんはとても優しく、生徒の事を真剣に考えてくれていました。真剣に授業内容をアレンジしてくださりありがとうございます。本当に頼りがいのある方です。食欲は女性並でしたが(笑)
意気投合しました。色々とご迷惑もお掛けしましたね。今度行ったときは屋上でテント泊しましょう♪そして山本さんは自分の目標でもある人です。山本さんのいる学校を選んで本当に良かったです。1ヶ月があっという間に過ぎて行きました。楽しい日々をありがとうございます。これからLINEとfacebookでよろしくお願い致します。学校のさらなる発展を、期待しています。ありがとうございました!


■イェルの授業

イェルとの最初の授業はいきなりホワイトビーチでしたね。ココナッツジュースを買ってビーチで授業をしました。途中から雨が降ってきて、二人とも濡れてしまったね。大切な思い出の一つです。イェルの印象は子供っぱい所もあるけど、実はしっかりしている子でした。いつも笑顔で元気真剣に教えてくれる姿が凄く印象に残っています。ショッピングモールでの欲しいものを店員さんに尋ねるシュミレーションで、売り切れなどのジョークを入れたりして楽しく会話しましたね。笑いすぎると涙が出る子です。Keikoさんと、どう笑わせて泣かせるか一緒に話してました(*^。^*)いかにして泣かせるかが自分の課題でもありました。ありがとう イェル!!!

PS.野菜もしっかり食べてね^^


■ミナの授業

ベテランで生徒のレベルに合わせて言葉を選んで話してくれるのでとても分かり易い授業でした。タガログ語を教えてもらったり日本語を教えたりしましたね。ミナとのフリートークはとても勉強になりました。話しているうちにミナの会話の言い回しが自分でも話せるようになっているいたのがとても嬉しかったです。お互いジョークを言い合ったりもして本当にたのしい授業でした。そして外で沢山授業しましたね。沢山歩きましたポンデロッサ、ホワイトビーチにありがとう。ミナが犬が好きじゃなくて、犬を避けながら二人で歩きましたね。楽しかったです。買い物に行ってマンゴーなど、野菜を買ったのもいい思い出です。ミナの楽しそうに話す笑顔がとても素敵でした!!沢山の思い出をありがとう ミナ!!!今度プエルトガレラに行ったときはミナの家にお邪魔します♪


■留学で得たもの

英語で話すのがとても楽しいということです。1カ月留学しましたが来た時に比べて大分話せるようになりました。ありがとうございます。勉強だけでなく、海外の文化にもふれることが出来ました。


■プエルトガレラに行って

海外で住みたいという気持ちになりました。そんな魅力がある島です。


■ゲイ

週末の夜はホワイトビーチでゲイショーとファイヤーダンスがあります。ホワイトビーチはホワイトハウス(PGLI)からトライシクルで5分位の所にあります。白い砂で、ロングビーチ、海水がとても綺麗な自分の一番お気に入りの場所です。週末や授業で何回も行きました。ネオンと音楽でいい演出です。これは日本では味わえません。

ゲイとアップルしました。是非、みなさんもゲイとアップルしましょう♪
アップルの詳細につきましては山本さんに確認下さい(笑)
また教師にゲイの挨拶の真似をしていたらゲイ疑惑が生まれたのは面白かったです。今度またプエルトガレラに行ったときはトムさんがファイヤーダンスをしていることでしょう。楽しみにしています。


■今後の生徒さんへのメッセージ

フィリピン以外の留学先はグループレッスンのため、自分が話す機会は少ないです。PGLIではすべてプライベートレッスンのため6時間の全て、先生と話すことが出来ます。圧倒的に話す時間が長いため、上達は必然に早いです。マニラやセブは治安が良くありません。ですがプエルトガレラは、治安が良くて、町の人もフレンドリーでした。
プライベートレッスンのため好きな場所でレッスンをすることが出来ます。先生と買い物に行ったり、海に行ったり、島を見渡せる場所でレッスンしたりすることが出来ます。それに3食、寮付、物価も安いです。

これから留学を考えている方

アメリカ、カナダ、オーストラリアではなくフィリピンへそしてマニラやセブではなくて、プエルトガレラへやさしく、情熱的な山本さん、いつも元気いっぱいのアンジェラと陽気でフレンドリーな先生、綺麗な海のプエルトガレラがあなたの留学を待っています(#^.^#)


■最後に

写真のTシャツですが、お願いをしまして山本さん、教師のみなさん、生徒さん、お手伝いさんからメッセージとサインを頂きました。最後の授業が終わって、自分の部屋にいましたが、部屋から、オフィスでみなさんが集まってメッセージを書いている声がして涙が出ました。本当にありがとうございます。大切に部屋に飾ります。
アリカ、アビ、ありがとうございました。自分の先生ではありませんでしたが、仲良くさせて頂きました。日本で英語を頑張りまた必ずプエルトガレラに行きます。その際はまたよろしくお願いいたします!!!facebookでも引き続き、よろしくお願いします。1ヶ月大変お世話になりました。ありがとうございました。


全く分からない初心者だったので自分でも大分良くなったと思います。これからも勉強していける自信がつきました。

渡邊 大臣さんから体験談いただきました。

■1カ月の留学でしたが、英語にどのような変化がありましたか?

全く分からない初心者だったので自分でも大分良くなったと思います。これからも勉強していける自信がつきました。


■屋久島のガイドに役立つレッスンをご提供できておりましたでしょうか?

1カ月間、本当に有難うございました。とても役に立つ有意義な時間となりました。日本に帰ってからも楽しく学ぶことができると思います。


■留学最初の頃、文法の説明を山本が担当させていただいたのですが、英語で説明されるのとでは具体的にどのような違いがありますか?

初心者にはやはり日本語での説明の方が理解できるのは早いと思います。
英語だけだと勘違いもありました。聞き取る力は英語のみの方が上がるなぁと思います。1日で2タイプの授業がうけられたのでとてもよかったです。


■レッスンはいかがでしたか?

とても分かりやすく説明してくれてかなりいい感じでした。楽しかったです。久しぶりに学ぶことの楽しさを感じました。有難う。


■プエルトガレラで一番印象に残っている場所や出来事は何ですか?

やはり、最後に行ったビーチや、またTATOOを入れたことです。一生消えない想い出となりました。本当に有り難うございました。


色んな場所に行って色んな人と出会って、プエルトガレラが大好きになってしまいました。

Hirokoさんから体験談いただきました。

■PGLIのレッスンの特徴は?

私にとって1番良かったのは、何と言っても学校の外で授業ができる事です。これが出来るのは、他の学校と違って担当の教師が午前1人、午後1人という制度をとっているからだと思います。よくある学校は、50分毎に教科が代わり、教師も代わり、外に出かけるなんてスタイルの授業は不可能だと思います。もちろん、どこで授業をするのも自由なので、部屋でしっかり授業を受けたい人はそれも可能です。

私の場合は、教師と冗談を交わしながらトライシクルに乗って街まで移動して、ココナッツジュースを飲んだり、海に入ったり、街の人がいつの間にか英語で会話に入って来たりして、地元の文化に触れつつ、波の音を聞きながら外で授業をして、教師とローカル料理を食べて帰って来る、という授業が大好きで、せっかくこんなに大自然に恵まれた場所に来たのに教室に缶詰めではもったいないと思って、担当の教師にお願いして色んな場所に連れて行ってもらいました。おかげで色んな場所に行って色んな人と出会って、プエルトガレラが大好きになってしまいました。


■4週間であなたの英語に変化はありましたか?

入学した頃の私の英語のレベルは恐らくほとんど会話出来ませんでした。受験勉強のように文章で見たら理解できる、でも間違えるのが恥ずかしくて喋れないというレベル。

1週目は教師が用意してくれたテキストやゲームを使いながら、毎日英語を聴いて使っているうちに、まず英語を話す相手が常に隣にいる状況と、間違えた英語を話す事に抵抗がなくなりました。

2週目は担当の教師も私のレベルを掴んでくれて、使う単語や話すスピードを私に合わせてくれているせいか、教師の言う事もだいたい理解出来て、簡単な英語でなら自分も返事が返せるようになった気がして、英語で話す事が楽しくなりました。

3週目は、楽しく過ごしているうちにもう半分終わってしまった、私の英語は伸びているのだろうか、あと半月どうやって勉強しようかと不安を感じました(笑)。

4週目、最後の1週間だと思って教師や現地でできた友達とあちこち遊びに行った時に、来たばかりの頃は英語が話せないので会話が途切れ途切れにしかできなかったのに、色んな話をして笑い合って意思疎通ができている自分に少し驚いて自信にもなりました。英語をもっと話せるようになりたいとも思いました。

4週間では簡単な会話が出来るようになっただけかもしれませんが、自然以外何もないくらいの素晴らしい環境に学校があることと、自由な授業スタイルと、フレンドリーでレベルの高い教師達のおかげで、勉強嫌いな私がほとんどストレスなく、英語の勉強ができました。


■日本に帰国前にどうして最後にプエルトガレラに戻ってこられたのですか?

プエルトガレラの次に、フィリピンの他の学校に行きましたが、まず1日でプエルトガレラの自然が恋しくなり、学校の設備や、授業形態なども、プエルトガレラの方が良かったな~と思ってしまう事が多く、、、ビザが切れる前にもう一度遊びに戻って来てしまいました。そのくらい魅力的な場所です。


■学校生活はいかがでしたか?

授業は50分毎に教科と先生が代わる、毎日時間割も代わる、同じ教科を色んな先生が教えてくれるというよりは、PGLIのように滞在している間ずっと同じ先生が代わらず毎日2~3時間ぶっ通しで授業をしてくれる方が断然いいです。

先生とも友達みたいに仲良くなるのでまた戻って来て再会出来て嬉しかったです。私がPGLIを去ると同時に残念ながら辞めてしまった先生とも連絡を取り合っていたので、学校の外で本当に友達のようにランチができたりするのも楽しかった。

PGLIの設備は必要最低限以上のものが揃っているので何の不自由も感じなかったです。洗濯は2日に1回してもらえるし、食事は土日も含めて毎日準備してもらえるので、滞在中、自分の時間を勉強や遊びにフル活用できました。食事は量も1人1人の希望に合わせてくれて、足りない事がなかったし、バリエーションも豊かで美味しかったです。 何よりもお米がパラパラのたまに石が混ざっているお米ではなく、日本米に近いモチモチした美味しいお米を使ってくれているのに驚きました!

部屋にはベッドだけではなく、スーツケースの中身が全て入れられるくらいの収納棚、自分専用の冷蔵庫、飲料水、鏡、扇風機、自習用に使える机と椅子が揃っていて、到着したその日から、日本で暮らしていた自分の部屋の様に使えたのはかなり有難かったです。


■その他、何でも好きなことを書いていただければうれしいです。

この学校は決まった教科書が配られる訳ではなく、生徒に合わせて色んな教材を用意してくれます。生徒が用意した教材にも対応してくれます。私は具体的に自分がどんな勉強をするべきなのかも分からず漠然と英会話という希望を伝えただけでしたが、私の教師が用意してくれたのは、すごろく的なGame。これは自分のコマが止まった所に書いてある英語の質問に英語で答えるというやつですが、質問の内容が日本語でも簡単に答えられるようなものではないことも多く、かなりディープな話を教師と共有した気がします。

そして、英作文。自分で決めたテーマで自由に文章を作るのですが…後半は教師の希望で私の旅の話をひたすら英作文にしました。フィリピンに行くまでの私のアジアの旅を教師が一緒に楽しんで共有してくれました。他にもいくつかの授業を用意してくれましたが、いつも話が派生して、色んな話ができて楽しかった。教師達と授業中に話す世間話やガールズトークが1番の英語の勉強になりました。

毎日の会話から私のアクティブな性格を察して、私の好みそうな自然がある場所やレストラン等をたくさん教えてくれて、外で教師以外と英語を使う機会もたくさん与えてくれました。教師のお母さんが何度かご飯を作ってくれたこともあって、私は健康的な料理が好きだという事を伝えておいてくれて、毎回必ずサラダを作ってくれたり、肉を全く使っていないのにまるで肉みたいなバナナブロッサムのハンバーガーとか、日本では絶対食べられない料理を作ってくれたり、特別な経験もたくさんできました。これも授業内容がフリーで、教師と授業中に色んな話をすることが出来たり、外にも出られるスタイルだったおかげだったと思います。

もう一度プエルトガレラに戻ったときも、担当ではなかった教師達も温かく迎えてくれて嬉しかったです。他の学校にも同じ期間通った結果、それぞれいい所は違うし相性もありますが、私はPGLIのプエルトガレラでのんびり自由に不自由なく学べる環境が気に入っています。


自信を持ってPGLIでの英語留学をお勧めします。

早川利澄さんの体験談
■ロサンゼルスの英語留学とPGLIでは何がどのように違っていたのですか?

以前ロサンゼルスの英会話学校へ短期間学んだことがあります。レベルチェック後に各クラスに振り分けが行われました。私のクラスでは6人おりまして、授業内容がレベル分けをしているといっても、6人を対象に授業を進めるものですから、一方通行の授業でした。
正直、クラスでの授業の内容は・・・・。講師の方のスキルによるかもしれません。運が悪かったですかね。
ロサンゼルスの英語留学の利点もたくさんあると思いますが、「自分の努力で何とかしなくてはならない」という雰囲気があり皆さん試行錯誤されておりました。最適な自分に合ったやり方を見つけるまでに時間がかかりそうです。これはこれで良い経験だと思います。

今回時間的にチャンスが有り、また海外で英語を学びたいという想いから選ぶポイントを決めました。せっかくなので、行った経験がない国を中心に探しました。


○マンツーマンレッスンを受けてみたい
○インターネットが出来る環境
○個室部屋
○環境の良い場所


趣味や仕事上で海外に多く出かけている経験がありましたので、ある程度の不自由さは覚悟しておりましたが、PGLIは私が想像した以上のクオリティでした。

自信を持ってPGLIでの英語留学をお勧めします。

  • それぞれの英語力に合わせた授業内容をマンツーマンレッスンで一日6時間授業
  • インターネットも自然が豊かな海外にしては快適
  • 部屋やトイレはとても綺麗
  • ご飯も適量で日本人に適した料理を提供

後は自分のがんばり次第ですね。これ以上の環境はないと思います。


■シュノーケルのご感想は?

のんびり自然を満喫しながら贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
お勧めです!


■ポンデロッサでのゴルフはいかがでしたか?

ショートの9コースです。狭いコース+高低が激しいコースなので私には難しかったのですが、勉強に集中していると運動不足になりますので、リフレッシュには丁度良いゴルフコースでした。授業が終わってからでも日没の間にできるかも?


■学校の一番の魅力は何でしょうか?

私生活にストレスなくやりたいことに没頭出来たことです。代表の山本さんの計らいで多くのことが快適に過ごせることでしょう。


■今回の留学で得たものは何ですか?

帰国後はもっと楽しみながら習慣的に英語を学ぼうという想いにさせてもらいました。そして、お世話になりました学校の皆さまと、もっと細かい表現を使って多くのことを英語で話したいです。今までは、英語の勉強をしなければならない。という感じでしたが、英語の勉強をしたい。という気持ちに変わりました。PGLIの環境の良さからだと思います。様々な良い経験をさせて頂きありがとうございました。


英語学習以外にも、たくさんの知識や経験が得られて素晴らしい一週間を過ごすことができました。

Y.Sさんから体験談いただきました
■トニーとミーナのレッスンはいかがでしたか?

ト二―とはビジネス・政治・経済・歴史の様々なトピックについてスピーチやディスカッションをしました。よく使う言い回しや熟語も教えてもらえました。こちらの興味・関心に合わせて事前に勉強してくれて、とても深く面白い議論ができたと思います。ミーナは発音矯正クラスを担当してもらいました。英語教師としてのプロ意識及び技術が非常に高く、こちらもとても有意義な授業でした。ミーナとも授業に入る前に様々なトピックについて話すことができ、とても楽しかったです。また、二人ともとても発音がきれいでした。最終日にマニラに移動して色々な人たちと話した時に二人の発音の美しさを実感し、二人の元で勉強できて良かったと思いました。


■1週間のレッスンでしたが何を得ることができましたか?

正直、1週間で急激に英語力が伸びるとは考えていませんでしたし、実際にそうだったと思います。ただ、毎日たくさん英語を話していくうちに、忘れていた表現を思い出すことができたと同時に、新たな知識をたくさん吸収できました。帰国後の継続的な英語学習のきっかけにすることができ、非常に有意義だったと思います。あと、トニーとミーナと話していくうちに、フィリピンの政治や歴史に関心を持ち、自分で勉強し先生たちとディスカッションできたのが非常に良かったです。


■プエルトガレラはどのような場所でしたか?

自然が豊かで素晴らしい場所でした。私の滞在中は雨季にもかかわらずずっと晴れてくれていてありがたかったです!


■上海に帰られてからもPGLIのスカイプレッスンを継続しようと思った理由は?

PGLIに行く前から帰国後はオンライン英会話を受講しようと思っていたのですが、教師の質を懸念していました。ミーナはTESOLの資格も持っていて教え方も上手だったので、スカイプレッスンができるのであればぜひやりたい!と思って申し込みました。ちょうどサービスがローンチするタイミングでPGLIに居られたのは非常に幸運でした。


■その他、何でも好きなことを書いていただければうれしいです。

英語学習以外にも、たくさんの知識や経験が得られて素晴らしい一週間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。他の生徒さんと近いうちにまたプエルトガレラに行こうね、と話しています。皆さんとの再会を楽しみにしています!


2週間の留学で英語に対する抵抗がなくなりました。

土井宏哲さんから体験談いただきましt。
■ミーナとウェンジーのレッスンは?

とても良かったです!将来的に英語を仕事で使っていくためにフィリピンに来ましたが、先生達の専門分野ではないにも関わらず私の仕事について興味を示してくれて、レッスンを行ってくれました。レッスンの内容も私の要望を織り込んで一緒に決めてくださり、大変満足いくものでした。


■2週間であなたの英語に変化はありましたか?

1番の大きな変化は自分の中で英語に対する抵抗がなくなったことでした。日本人の多くが文法や語彙は知っているけど、使ったことがないという理由で自信を持っていないと思います。私もその1人でしたが、実際に毎日7時間会話を行う環境に置かれ話をするうちに抵抗がなくなっていきました。もちろん、まだまだ下手なので勉強を続けていきますが、将来的にはすらすら話せるようになるという自信がつきました。


■山本が作った4日間の学校の料理はいかがでしたか?

普通に美味しかったです。特にラーメンを食べられたのがよかったです。また、フィリピンの料理は普段はサラダをあまり食べませんが、そういったところに気を付かって頂き、サラダを用意して頂いたこともよかったです。


■プエルトガレラはどのようなところでしたか?

最高です。最初マニラに着いた時は治安の面で少々不安を覚えましたが、プエルトガレラは治安もよく海も綺麗で山もあり、最高の土地でした。


■その他、何でも好きなことを書いていただければうれしいです。

社会人を主に対象としていることもあり、生徒さんから刺激を受けることが多々ありました。普段の生活では会うことが出来ない人達と話を出来たことも自分にとっては良かったです。PGLIは、英語の勉強だけでなく、自分の人生にとってもいい経験になったと思います。


PGLIで学習してよかったことは専門的な内容(私の場合は医学英語)であっても先生が勉強して準備をしっかりしていたこと。

doctorさんから体験談いただきました。

PGLIで学習してよかったことは専門的な内容(私の場合は医学英語)であっても先生が勉強して準備をしっかりしていたこと。

  • プエルトガレラという場所
  • 日本人のみで少人数制
  • 格安でマンツーマンレッスンを受けられること。
  • 先生がちゃんと研修教育を受けているのでレベルが高い
  • 好きなように進められるし、お任せしても生徒さんのレベルを考えてレッスンを考えてくれる。

本気で勉強したい人には素晴らしい環境です。
自主的に取り組める人ならさらに最高!
成長を実感できる人とできない人がいると思うので自分のレベルアップを実感できるようなテストなどがあれば更に良くなりますね。
午前の先生、キャシーはどういうレッスンが良いかを常に考えてくれていた。
午後の先生、ミリサはとても能力が高く話していてとても楽しかったです。

部屋もとても快適で過ごしやすかったです。
また、授業後のんびりできる環境でよかった。
他の生徒さん達と土曜の夜に飲み明かして騒いだのは一番楽しい思い出です。


会話に慣れてきて「聞き返し」や「不要な間」が減りました。

一橋 高成さんから体験談いただきました。

■4週間の留学で英語力に変化はありましたか?

変化はあったと思います。日常会話のためのレッスンでしたが、「ヒアリング」「スピーキング」が最初より楽になったという感じです。
最初は、一度で聞き取ることが難しく、話すときはいつも考えてから話すため、いつも不要な間を空けざるを得ない状況でした。
レッスンを繰り返すうちに徐々に会話に慣れてきて、「聞き返し」や「不要な間」が減ってきたと思います。


■教師イエール、ミーナとはどのようなレッスンをされたのですか?

私は、日常会話のための英語力改善を希望していたので「ヒアリング」と「スピーキング」中心のレッスンを受けました。
イエールからはテキストに沿った「カンバセーション」「ヒアリング・シャドーイング」のレッスンを受けました。
イエールの特徴は「明るさ」ですね。
若さ溢れる授業という感じです。若いといっても、授業に対する姿勢は真剣ですし、一生懸命教えてくれているのが伝わってきて、勉強の励みになりました。
明るく感情豊かな授業なので、気負いなく楽しく授業に臨めました。
若い故に足りない部分(社会的な話題等)もあるのかもしれませんが、それを補って余りある魅力を感じました。

ミーナからは「フリートーク」とテキストに沿った「ヒアリング・シャドーイング」「グラマー」のレッスンを受けました。フリートーク:ヒアリング:グラマー=4:1:1という感じです。
ミーナの特徴は「穏やかさ」と「安心感」だと思います。
最初の2時間はフリートークなのですが、知識が豊富で話題の振り方もうまいので、すごく楽しい授業でした。私自身の英語力を考慮して、程よいテンポと言い回しで授業をして頂きましたし、私が話す機会を大切にして授業を組み立ててくれたので、抵抗なく充実したレッスンを受けることができました。


■午後の4時間を休憩なしでレッスンされていましたが、疲れなかったのでしょうか?

最初は休憩を入れていたのですが、ミーナの授業がうまいので意外と4時間休憩なしでも大丈夫でした。
ただ、私が授業受けていたところは木の椅子で座布団もなかったので、4時間座っているとお尻が痛くなりますね。
部屋の椅子の方がよかったかなぁ、等と今更ながらに思います。
ミーナの方が疲れたと思うのですが、それを感じさせずに終始、真摯で穏やかな授業をして頂いたのですごく感謝しています。


■ポンデロッサの新アトラクション、ジップラインのご感想は?

ポンデロッサからの景色は格別ということもあって、楽しかったです。
高さもスピードも怖さを感じる程ではないと思いますし、設備も不安を感じるものではありませんでした。
私はジェットコースター等、急降下系の胃が浮いたようになる感覚は苦手なのですが、ジップラインは素直に楽しめました。
ただ、、、「新」アトラクションなんですね。建物なんかをみるとそうは見えないところも良い感じです。


■学校の特徴を5つあげるとしたら何ですか?

①マンツーマン授業
②フレンドリーな人間関係
③清潔な環境
④美味しい食事
⑤安全でビーチに近い環境

やはり一番の魅力は「マンツーマン」。
PGLIは最初から最後まで完全マンツーマンですから、英語を学ぶにあたっては最高の形態だと思います。
また、代表の山本さん始め、講師、他の生徒さんに至るまで、いい人に囲まれていました。
そして、掃除・洗濯等もこまめにして頂いたので快適に過ごすことができました。
強いて、不便なところを上げれば「水回り」と「通信環境」なのでしょうが、滞在中は、それ程必要性も感じなかったので、問題ではありませんでした。

食事も美味しかったです。
当初は、さすがに日本食が恋しくなるかな等と思っていましたが、杞憂に終わりました。
米にお味噌汁などが出ますので、食事に悩まされることがなかったのは大変ありがたかったです。ビール(サンミゲル)も美味しかったですし。
あとは、周りの環境ですが、安全ですしビーチにも気軽に行けるので良い環境だなと思います。
総じて、快適で楽しいプエルトガレラの生活を満喫させて頂きました。


本当に、毎日楽しかった。大人になってからの青春でした。

Nanaさんから体験談いただきました。

■2週間の短期留学でしたが、あなたの英会話はどのような変化がありましたか?

全く思いを伝えることもできない状態で行った今回の短期留学。行きの飛行機でも、シーマンのおっちゃんが話しかけてくれるも首を傾けることしかできませんでした。
私の今回の目標は<簡単な意思疎通ができるようになること>でしたので、授業内容は日常会話を重点的にとリクエスト。アンジェラとの授業も山本さんとの授業も教材を使うことはほとんどなく、片言でしたが、友達とするような他愛もないおしゃべりして終わる楽しい授業でした(=゚ω゚)ノ笑

週末はひたすらダイビング。日本語が使える環境に身を置いたら勉強にならない!と思い、学校のみんなが行っていたお店には行かず日本語の通じないお店を選びました。ゆっくりゆっくりと思いを伝えて、一生懸命伝えようとしてくれてることに耳を傾けて・・・。休憩時間には電子辞書も使って、ひたすらコミュニケーションを取ることに奮闘していたと思います。出会った外国人の人たちも、一生懸命伝えようとしてくれていました。毎日同じ人と潜っていたせいかどんどん仲良くなって、この3日間でかなり喋れるようになったのではないでしょうか。(多分。笑)

最後の日、バタンガス港からタクシーの運ちゃんと合流。「おじちゃんっ、車に乗る前にお手洗いに行って、何かちょっと買いたいんだけどいいかな?」何も考えなくてもすらすら伝えられるようになりました。};車に乗ってからも10分以上は運ちゃんとお喋りしてたかと思います。
2週間という短い時間でしたが、目標は達成出来たかな?今までは英語が喋れるか聞かれたら「全然喋れません!」って答えていたけど、(英語で答えていたから、喋れとるやんってなっていつも面倒なことに。笑) これからは自信をもって「少し喋れます!」って答えようと思います(∩・∇・∩)♪


■レッスンの何が実際の英会話の役にたちましたか?

いつも昨日の話から始まる私の授業。言いたいことが言えない私にはうってつけの授業でした。
伝えたいことをめちゃくちゃな英語で言って、それをアンジェラが直してくれて・・・。ちゃんとした表現の仕方もわかりましたし、主に会話をしていたので<生きた英語>を勉強することができました。そして必ずと言っていいほど、その日に勉強した内容を外国人との会話で生かすことができました(^^)


■無料でお貸ししている携帯をフル活用していただいたようですが、携帯があるとどのようなメリットがありますか?

深い関わりを持つことができます。時には愛のメールがうんざりするほどきます。笑


■プエルトガレラのダイビングで印象深いものは?

私は今回、留学を決めてからダイビングを始めました。潜ってからわかったことですが、プエルトガレラのダイビングは主にウミウシ探し。私は視力があまりよくないこともありウミウシ探しがあまり好きではありません。笑 それでも2週間という短い時間の中で何度もダイビングに行ってたのは、仲良くなった友達と潜るのが楽しかったから。みんなでどこに行こうか決めて、同じものを見て感動して・・・。無条件に同じ時間を共有するのですごく仲良くなれました!みんなと過ごした時間が、今回の留学での私の宝物です(^o^)!!


■一番想い出に残ったことは?

本当に、プエルトガレラで過ごした毎日の全てが私にとっての貴重な思い出です。
初日に挑戦したバロット。最初は気持ち悪かったけど、今では大好物になりました。4回食べましたが、1回1回にたくさんの思い出がつまっています。
スーパーでお肉を売ってるお兄ちゃんに番号聞いてキャーキャーしたり、フィリピン人のお兄ちゃんたちと三角関係になってみたり(=ω=)
山本さんとアンジェラ、学校で出会った方と4人でポンデロッサにも行きました。死んでも文句言いませんよ!っていう紙にサインもしました(=゚ω゚)ノ笑
お手伝いさんのアランが作ってくれるごはんも毎日本当においしくて、外出して夜ごはんが食べられない日はおかずだけ朝ごはんに回してもらっていました。それくらい、おいしかったんです。笑アランは途中でいなくなってしまったけど、絶対もう一度会いたいな(^^)
そうそう、授業では主に恋愛トークをしていました。 時々下ネタ。笑 下の階にいた山本さん、いつもうるさくてごめんなさい。笑 あっここの文章は、もしあれだったら消してくださいね!笑

本当に、毎日楽しかった。大人になってからの青春でした。
今度は一ヶ月くらいで遊びに行きます!じゃなくて勉強しにいきます(@^^@)/笑


PGLIで学べたものは、シンプルに「英会話で意思疎通する事」でした。これは事前に期待していた事、また自分が課題としていた事でもあります。

野手滋さんから体験談いただきました。

■いろんな英語学校がありますがどうしてPGLIを選んでいただけたのでしょうか?

PGLIを選んだ理由は、以下の通りです。

  1. 全てのレッスンが、マンツーマンである事
  2. 中途半端な日程(水曜日レッスン開始)にご対応頂けた事
  3. 限られた短期間の日程で成果を出したかった事

マンツーマンレッスンは山本さんがHPでもご指摘されている通り、私も必須の条件と考えておりました。
しかし各校のカリキュラムを細かく調べてみると、これを満たす学校が意外にもほとんどないのです。
PGLIの他に、実はセブにも一校のみマンツーマンレッスン専門の学校があったのですがそちらは月曜入校が条件であった為、私の日程と合いませんでした。
他の事柄もそうなのですが、色々と柔軟にご対応頂けた事にとても感謝しています。
(ちなみに諸経費込のレッスン単価も比較しましたが、PGLIの方がリーズナブルでした(笑))。
実は他に、「PGLI留学二週間」と「家でスカイプレッスン二週間毎日7時間」とを比較もしたのですが英語漬けの生活に自分を追い込む事、また上達スピードを優先して、PGLI入学を決めました。


■TOEIC885点ということでしたのでシゲさんは何を学べるのだろう?と思っていました。シゲさんがPGLIで学べたものは「何」ですか?

PGLIで学べたものは、シンプルに「英会話で意思疎通する事」でした。これは事前に期待していた事、また自分が課題としていた事でもあります。

言うまでもない事ですがTOEICはペーパーテストである為、英会話の能力とは全く関係ありません。語彙力や文法知識・リスニング力はそれなりに必要ですが、極端な事を言ってしまうとテストのコツやテクニックを押さえておけば効率的に点を取れる、という部分もあります。

仕事で英語の文書を日常的に扱っていた事、またTOEICスコア885が獲得出来た事で英語の基礎力はそれなりに身につけたつもりでしたが・・・英会話に慣れていなかった為、PGLIに来る以前は自分の意見を口頭で上手に表現する事が出来ませんでした。今でも、英会話が上手とは全く思ってはいないのですが(笑)、多少は慣れた事もあり以前よりも上手に意思疎通が出来る様になったかな、と実感しています。


■日本でスカイプレッスンをやられて満足されなかったと聞いています。PGLIの教師たちの英語のレベルはどうでしたか?

語彙力や文法知識・リスニング力はそれなりに必要ですが、極端な事を言ってしまうとテストのコツやテクニックを押さえておけば効率的に点を取れます。スカイプレッスンですが、「満足しなかった」というよりも「活かしきれなかった」という感じです。
PGLI入学の前に一ヶ月ほど毎日レッスンを受け、その成果には納得していましたがそもそも英会話に不慣れであった事もあり、費やした時間に対して効率が悪く感じていました。

やはり実際に面と向かってマンツーマンでレッスンを受けた方が英会話への慣れも早く、学習内容も濃く、結果として上達スピードが早いです。
東京に戻ってからスカイプレッスンは再開するつもりですが、PGLIでの経験が下地となって今後は以前よりも効率的に、内容の濃いスカイプレッスンが出来るのではないかと思っています。またPGLIの先生方ですが、個人的には皆さん非常に優秀で、レベルが高いと感じました。発音も日本人にはわかりやすく、皆さん丁寧かつ親切に教えてくれましたしテキストから話題を上手に膨らませて、私が学びたい事をしっかりと指導してくれたと感じています。};お陰で、飽きずに二週間のレッスンを終える事が出来ました。


■夜のホワイトビーチはどんな感じでしたか?

夜のホワイトビーチは一度しか行っていないのですが、とても楽しい所でしたね。ファイヤーダンスやゲイダンス、とても見応えがあって面白かったです(笑)。それでもシーズンオフという話でしたが・・・オンシーズンにはどれだけ賑やかなのでしょうか?次回は是非、一番楽しいシーズンに訪れたいですね。


■プエルトガレラはどんなところでしたか?

田舎の素朴な部分と、観光で賑やかな部分とが共存している楽しい街ですね。今更ですが、夜中にもっと遊びに出ても良かったかなぁ・・・なんて思ってます(笑)。フィリピンの田舎特有のインフラ事情(停電等)もありましたが、山本さんとアンジェラがしっかりとサポートしてくれたお陰で、二週間の滞在で不便を感じた事は全くありませんでした。
PGLIについても施設が綺麗なだけでなく、掃除が行き届いていて、いつも快適に過ごす事が出来ました。長い期間お世話になる場合は、こうしたちょっとした部分がストレスにも繋がりますので・・・その点でも細やかにお気遣い頂いて、とても嬉しかったです。

挫折していた英会話がきちんとできるようになりました。日本で通っていた英会話学校より何倍も速く上達できますね。

田崎詩子さん
■なぜ、PGLIを選んだのですか?

スカイプで山本さんと話ができてここなら安心だと思ったから。
あと、プライベートレッスンでじっくりやりたかったんです。


■フィリピン留学した3カ月はどうでしたか?

授業もそうですが、先生たちと一緒に生活できて本当に楽しかったです。夜にも先生たちといろいろ話ができて英語にたくさんふれることができました。


■英語は伸びましたか?

挫折していた英会話がきちんとできるようになりました。日本で通っていた英会話学校より何倍も速く上達できますね。


■「プエルトガレラ」での生活はどうでしたか?

先生と一緒に生活できるのでたくさん英語が話せてよかったです。掃除も洗濯もご飯の用意もなにもしなくてよくて楽でした。近所のホワイトビーチを散歩するのがなつかしいです。


■今後、来られる学生さんに一言いただけますか?

ゆったりとしたところできちんと勉強できるところです。週末も山本さんがいろいろ案内してくれると思いますよ。


自分の人生にとって、強く印象に残る期間でした。

石川守さんから体験談いただきました。

■今回の留学は将来の海外長期ステイ計画の参考にはなりましたか?

はい。退職後、海外でのロングステイを希望しています。今回、プエルトガレラで3週間でしたが、生活してみて、やはり安全なところが第一条件であることを再認識しました。トライシクルに一人で乗って、町へ行ったりしてみましたが、ドライバーの方も皆さん親切で親しげに英語で話してくれます。ある程度、英語が通じることも必要条件であるとおもいました。


■プエルトガレラはどのような場所だと感じましたか?

とても安全で、暮らしやすいところだと思いました。特に、マニラを見てからは強く感じるようになりました。欧米人のリタイヤ組と思われる方を多く見かけました。昼間からレストランでのんびりと海を見ながらビールを飲む生活にあこがれます。
マニラからやや時間がかかるのが唯一の欠点でしょうか。往きにバタンガスからムリエ行きのボートに一人で乗った時はだんだん暗くなってくることもあり、とても不安な気持ちになりました。でも、あのボートも慣れれば、快適に感ずるのでしょうね。


■学校の食事、部屋、浴室、周辺環境などはいかがでしたか?

生活面で困ることはありませんでした。学校の食事、いろんな料理が出ますが、どれも美味しく頂きました。生徒が全員日本人なので、味付けにも気を使っていただいていると思います。到着した夜の夕食の時に卵はダメという話をしたところ、次の日の朝食には私だけ卵を抜いていただきました。また、量も人に合わせ調整していただいています。
部屋は毎日掃除をしていただいていますので、とてもきれいです。
洗濯は一日置きですが、ほとんどその日のうちに丁寧に畳んで返していただきました。シャワーは朝のウォーキングをしていることもあり、朝晩浴びました。私は個室(B)で、共用のシャワーでしたが、困ることはありませんでした。


■毎日のウォーキングはいかがでしたか?

朝、ウォーキングをされていると伺ったので、仲間に入れていただきました。学校から坂を登って20分くらいのところにある軍の施設の入り口まで歩くコースで往復40分かかります。坂道が結構急なので、いい運動になりました。雨や事情があるとき以外は毎日歩きました。時には授業の後も歩きました。Walkaholic?になりかけました。途中の現地の方の村にも顔見知りの人ができたり、子供たちが挨拶してくれたりと、とても楽しいウォーキングでした。


■3週間の留学はいかがでしたか?

あっという間の3週間でした。ただし、1日中英語を聞き、英語をしゃべるという経験は今までなかったので、最初の1日目の授業が終わった後は、かなりストレスがたまっていました。1日目の午後の先生から、ホワイトビーチには歩いて行けると聞いたので、頭をクールダウンするため、別の刺激が必要と思い、出かけることにしました。先生に行き方を聞いたところ、親切に地図を描いてくれました。往復1時間くらいでした。この日は少し歩いたおかげで、ぐっすり眠れました。英語を1日中使うという環境に慣れてきたのは3日目くらいかとおもいます。
その後、気が付いたら1週間目が終わり、2週間、3週間と過ぎてしまいました。最初は自分の好きなビートルズの話題に引き込んでいましたが、2日目か、3日目からネタが尽きました。
ただし、教材を使ったり、先生の方から話題を提供していただいたりしたので、困ることは全くありませんでした。そのうちに、明日はこんな話をしようと思い、辞書で単語や言い回しを調べたり、ウォーキング(下記参照)中に英語でなんて言うんだろうと考えたりしていました。

生活面では1日目から全く問題はありませんでした。山本さんや他の先生方はとても親切でしたし、生徒さんも皆社会人の方で、豊富な経験お持ちなので、色々なお話しを伺えてとても楽しく過ごせました。休日には山本さんに色々なところを案内していただいたり、車で連れて行っていただいたりしたので、退屈することは全くありませんでした。

ほんの3週間でしたが、自分の人生にとって、強く印象に残る期間だと思います。ただし、まだ、やり残したことがたくさんあるように感じています。英会話の勉強はもちろんですが、ホワイトビーチでのマッサージ、ムリエの港のレストランでローミー(?)を食べビールを飲むこと、他のビーチへ行くこと等々。
I shall return !


教えてほしい英語を勉強できる良さがあります。

Mamuさんから体験談いただきました。
■レッスンはどのような感じでしたか?

教えてほしい英語を勉強できる良さがあります。とても楽しく、明るい感じでした。二人とも、わからなければ辞書で調べてくれて、わかるまで付き合ってくれる頼もしい人たちでした。私は経済や社会問題に興味があるのでアンジェラの最後の授業が印象深いです。日本茶の入れ方も英語で習いました。ジャネットは英語の歌やcookingを教えてもらってとても楽しかったです。教材以外の生きた英語、すぐTRYできる英語が私にとってとても有意義なレッスンでした。


■教師たちと行かれたHidden Paradiseの旅はいかがでしたか?

絶対に一人では行けない場所へ連れて行ってもらってとても感謝しています。地元の人々の生活そのものを見れて、経験出来て良かったです。
思った以上にフィリピン(サンチェドロ)の人々の生活はすばらしかったです。もう一度、虫たちと寝てみたいです。(薬があるから大丈夫です。)にわとりと隣の人の音で朝がはじまります。牛車で何度も川を渡った道なき道の旅も楽しかったです。


■プエルトガレラはどのようなところでしたか?

ホワイトビーチは観光化された所です。でも、安全で物価が安いので行きやすい所です。学校は高台で景色のよい安全な場所なので。(初日はなかなか寝られませんでしたが、今はぐっすり寝ています。)
ビーチでのマッサージは安くてよかったです。もう少し長いビーチかと思っていましたが・・・。私はサンチェドロの海辺が一番気に入りました。昔の田舎の日本の海のような美しく、長い砂浜がきれいでした。観光者用のお土産屋がないのが良かったです。


■学校の料理はどんな感じでしたか?

毎日、おいしく頂きました。生サラダがもう少しあればよかったなぁ
とても、おいしかったよ。 味付けGood!


■フィリピン人はどんな人たちでしたか?

こちらの人達はとてもフレンドリーで、いらないNO-と言えばすぐに行ってしまう。日本人だと言えば終了したマッサージをまたやり出したり、親日感があるんでしょうか。良い人達ばかりでした。
フィリピンの人達が好きになりました。カッコイイ人もいましたよ!!3週間とても短くて、びっくりしています。 夜、もっと勉強しておけば良かった・・・。ありがとうございました。


約40年ぶりの英語の勉強です。一度も英語を学ぼうと思わなかったのが、リタイアを機会にふと学ぼうと思い...

T.kさんの体験談
■PGLIの完全プライベートレッスンはどうでしたか?

約40年ぶりの英語の勉強です。一度も英語を学ぼうと思わなかったのが、リタイアを機会にふと学ぼうと思い、これはほとんど忘れているからプライベートレッスンしかないと思いPGLIに申し込みました。自分のペースで授業をアレンジしてもらうことができたので、ゆったり学習ことができました。


■トライアルの最初の一か月留学を過ごされていかがでしたか?

まずは自分の学習の方向がつかめた感じがします。理解できても出来なくても進んで行く大人数のクラスではないため弱点を見つけることが早く、反復して教えてもらうことができガッチリ学習できたことがよかったと思います。英語を聞く力はついたと体感しています。


■生活サポートはいかがでしたか?

洗濯は実に気配りも良く、雨の多い季節にもかかわらず早く丁寧にしてもらえた事を感謝しています。掃除も毎日キレイに丁寧な作業で私がほっておいたパジャマなどもきれいにただんであり、もちろん机の上などもきれいに掃除され気持ちよく勉強ができました。


■毎日の食事は?

毎日変化のある食事で私はフィリピン料理が提供されるときはものめずらしくおいしくいただきました。ここの料理は日本人の口に合うと思います。};毎日の味噌汁、朝昼夜のバランスの取れた適量の料理を食べストレスなく勉強することができました。買って来て飲んだフィリピンビールのサンミゲルもなかなかのものでした。


■学校前のウォーキングコースはどんな感じでしたか?

毎日、朝食、昼食の後に散歩をしました。普段から散歩は欠かしませんが、日本で行っている平坦な道とは違いこちらの散歩は学校前からずっと登り坂でした。25分ぐらい登ってUターンしていましたが交通量は少なくプエルトガレラの気持ちのいい景色を見ながら気分よくウォーキングができました。自宅にいるときより登り坂のため運動量は多かったかもしれないです。途中の村の人や子供たちと顔見知りになり中にはトライシクルの運転手などは顔を知っているからということで安くのせてもらうこともありました。


英語に対する感覚がかわりました。2週間という短い期間ではありましたが、マンツーマンレッスンのおかげでたくさんの英語に触れることができました。

K.Sさんから体験談いただきました。
■ミリッサ、アルファの授業はいかがでしたか?

ミリッサは優しい笑顔がとても素敵な女性でした。私が言葉につまった時でも和やかな雰囲気にしてくれ、スマイルで話しを聞いてくれました。ありがとうございました。

アルファには毎日いろいろな所に連れて行ってもらいました。いつも冗談ばかり言い合ってましたが、彼女といるととても楽しくいつの間にか時間が過ぎてしまいました。英語だけでなく楽しい時間をありがとうございました。本当に感謝です。


■2週間の留学でしたが、留学前と後では英語に変化はありましたか?

英語に対する感覚がかわりました。2週間という短い期間ではありましたが、マンツーマンレッスンのおかげでたくさんの英語に触れることができました。特にアルファとのアウトサイドレッスンのおかげでいつの間にか楽しみながら英語を理解していることに気づきました。


■欧米人と交流できましたか?

はい。
ホワイトビーチのバー・・・ アメリカ人、オーストリア人
スキューバダイビングショップ・・・ドイツ人、アメリカ人
サバンビーチ・・・・オランダ人
現地のフィリピン人とも交流できました。


■一番インパクトがあった場所はどこですか?

原住民のマンヤンビリッジ付近での現地の人との交流は印象に残りました。山の傾斜に竹や木で簡単な住居を作り生活する彼ら・・・。彼らの宴会にとび入り参加し、お酒を飲んだことはおもしろい経験でした。


■学校の特徴はどんな感じですか?

アットホーム。 少人数制の為、とてもコミュニケーションがとりやすいと感じます。部屋、トイレ、シャワーもとても清潔なので気持ちよく過ごさせていただきました。素晴らしい景色はとてもリラックスできました。
山本さんのお気遣い、アンジェラの明るさ、アランのまじめさのおかげで楽しく快適に過ごせました。


日本語を考えなくても英語が出てくるようになりました。

山本佳奈さま
■なぜ、PGLIを選んだのですか?

きちんと勉強できそうだったし、綺麗な海をヤフーでたくさんみたので。
外国人がたくさんってことだったから安全だろうと思ったから。


■海外旅行でこまらない英語を身につけたいということでしたが、どうですか?

はい。 大丈夫だと思います。 繰り返し、繰り返し英語を使うことでだんだん自然と英語がでてくるようになりました。最初は頭のなかで日本語を考えてから英語を話していたのに気がつくと日本語を考えなくても英語が出てくるようになりました。


■一番良かった場所はどこですか?

シュノーケルに行った海が一番綺麗でよかったです。あとは、山からの景色です。大きい自然が素敵でした。学校のそとです。夜になると蛍がたくさんいて感動しました。


■生活はどうでしたか?

ときどき、停電があるのがいやでした。ただきちんと停電に備えて、部屋に充電ライトがあったので問題には思いませんでした。
それ以外はすごくよかったです。海もきれいだったし、自然がいっぱいあって。思っていたフィリピンのイメージとはぜんぜん違いましたよ。


■今後、来られる学生さんに一言いただけますか?

自分の学びたい英語が勉強できるところだと思います。学校は先生達といつも一緒にいられるので英語漬けって感じでした。


バギオ留学では2週間でギブアップ、しかし....

岩下 洋三さんからコメントいただきました
■英語をたくさん話す機会はありましたか?

たくさんありました。でも、私は授業を復習するのにいそがしくて夜もっとコミュニケーションを取れればよかったと思います。


■英会話&リスニング中心の授業はいかがでしたか?

授業はとてもよかったです。リスニングは聞き取れるときもあるし、聞き取れないこともありました。教師の英語が聞き取りやすく、CDの英語を聞き取るのが難しかったです。


■英語教師との3度の食事はどうでしたか?

3度の食事はとてもよかったです。人が少なかったのとメンバーの中の一人はとてもシャイでした。ご飯はとても美味しかったです。料理してくれた人に「感謝です。」


■プエルトガレラで気に行った場所はどこですか?

出かける機会は少なかったんですが、イタリアンレストランとポンデロッサはとてもよかったです。


■海外留学、最長記録更新おめでとうございます。 何か一言お願いします。

勇気をもって海外にいくことは必要だと思いました。自信をもって幸せを求めることにします。みんな幸せでありますように。何から何まで親切にありがとうございました。


フィリピンの大学に合格できました。

奈村葉月さん
■プエルトガレラはどうでしたか?

プエルトガレラはとてもきれいなところで私は最初とても感動しました。
今でもその印象は変わりませんが、人に対する印象はとても変わりました。私はこっちに来る前は、フィリピン人に悪い印象をもっていたんですがいざ、きてみると人はとてもフレンドリーだし、温かいし困っているとよく助けてくれます。あと、空気もきれいでとても勉強しやすかったですし、もっと言えば山のほうなので静かだし勉強するにはとてもいい場所でした。


■先生とのプライベート会話授業や文法授業はどんな感じでしたか?

先生とのレッスンは英語を英語で教えてもらったので自然と英語でその意味や使いまわしを考えなきゃいけないから自然と英語で考えるようになっていきました。単語など覚えなきゃいけなかったものは覚えやすかったです。文法授業はとても難しかったですが、会話ができるようになるどうしてそのようになるのががわかってきました。


■英語はどうやって身につけるのが早く上達すると思いますか?

私は一番大切なのはやっぱり「気持ち」だと思います。「習得したい、話せるようになりたい!」という気持ちですね。あとはとにかく間違ってもいいから話すこと、それと英語を話す環境を自分で作っていくことだと思います。


■どうしてフィリピンの大学を希望されたのですか?

フィリピンの大学は学費も安く日本から近いですし。フィリピンで看護科の国家資格をとったほうがお金もかからなくていいからです。それに私は日本に住んでいるとアトピー性皮膚炎がすごくていつも困らされていたのにフィリピンに来てみるとフィリピンの気候のせいかアトピーが治り悩むこともまったくなくなりました。私はそういうことでフィリピンの大学を希望しました。


■サウスビル・インターナショナル・カレッジに合格のご感想は?

すごくうれしかったです。これまで英語を勉強してきてよかったと思いました。山本さんや先生と勉強したプエルトガレラの90日は本当に私にとって意味のあるものとなりました。サウスビルに合格したことによって私も自信がもてるようになりました。


■ずばり!フィリピンへの正規留学はおすすめ!でしょうか?

「はい」フィリピンは日本からとても近くて時差も1時間しかないし、気候も安定しているのでとても住みやすいです。今、フィリピンのほとんどの大学が「English Speaking Only」として英語活用に積極的です。学校にもよりますが留学生をサポートしてくれるところもありますよ。


■日本からこられる生徒さんへ一声、メッセージをお願いします。

あまり深く考えないで英語を勉強してください。英語に苦手意識のある日本人はすぐに身構えてしまうのですがもっと気楽に身近に英語を感じて欲しいなぁと思います。日本人って外国人やその国にたいして勝手なイメージってあると思うんです。そういうのもこちらに来てなくして欲しいと思います。
もっと英語に関して言うなら、知ってる言葉だけで話してみてください。間違ってても人は気にしませんよ。英語は頭で考えるより慣れて覚えていったほうがやりやすいです。私に言えることはそれぐらいですが最後に一番大切にしてほしいことは、「楽しむ」ということです。


フィリピンの中でも一番綺麗なトイレ、清潔な環境でした。

Kenjiさんから体験談いただきました。

フィリピンの社会人向けの語学学校を探してたらネットで見つけました。
他の候補があったんですが、PGLIは頻繁にブログが更新されていて手が込んでいたので即決しました。

もっと前もって勉強をしていればと思う事がよくありました。
初日よりは会話が話せるようになったと思います。

午前のクラスは80点 メリッサのクラスは淡々と授業を進めて行く感じでした。
午後のクラスも80点 前半と後半で先生が変わりましたが共に話題に困る事はありませんでした。
特に後半のドンドンの授業はお手製の問題を作っていて、私に丁度よいレベルでした。

他にあるとすれば私のような英語初心者に対して、どう学習を進めて行ったらよいのか、自分がどのレベルにあるのか知る事ができればよりよくなると思います。

部屋は90点 一般的にフィリピンの衛生環境って、日本人からするとあまり綺麗ではない環境です。
ですが学校の部屋は日本のホテルと比較しても綺麗でした。
アランが勤勉で頑張っているおかげでしょう。

食事は90点 日本人からするとフィリピンの料理って濃い味付けですが、学校の食事は薄い味付け。
その上健康的だったのでよく考えられているなと思いました。

環境は90点 学校内は清潔なので申し分ない環境です。
ただ街からある程度の距離があり(といってもトライシクルと歩きで15分くらい)買い出しは週末だけといった感じになると思います。
掃除洗濯についてはホント綺麗にやってもらいました。
少人数制のためか、きちんとたたんで貰って毎回毎回どうもすみませんといった感じです。

学校はプエルトガレラの中でも涼しくて、よい景色が見れる場所。
あとフィリピンの中でも一番綺麗なトイレ、清潔な環境。


限られた時間の中、熱心にレクチャーして頂き助かりました。

坂田さんから体験談いただきました。
■学びたかった内容の授業をきちんと提供できていましたでしょうか?

限られた時間の中、熱心にレクチャーして頂き助かりました。
まずはお礼申し上げます。
今回の留学の目的は、スキルチェック・スキルアップ・トレーニングでした。
以下のビジネスシーンを想定して、テキストに従いベーシックなダイアログを学び、その後にロールプレイングを繰り返しました。

・レポーティング
・ミーティング
・プレゼンテーション
・ネゴシエーション

私にとって、各シチュエーションでの足りないスキルが分りましたし、重要なボキャブラリーも学ぶことができました。
留学後につながる学習ができた事は大変満足しています。
成田についてマイカーで帰宅する際に聞いたInterFMのDJの英語がするすると耳に入ってきた事に驚きました。
英語耳のトレーニングもできたようです。


■1人部屋(B)はどんな感じでしたか?

ファシリティに関しては、常に清潔にされており、まったくもって不満はありませんでした。私のような短期滞在者にとってはむしろ部屋が広すぎるようにも感じました。
窓から見える景色が絶景でした。
日中は大自然の緑に癒され夜は満点の星空を眺める事ができました。


■学校の特徴はどんな感じでしたか?

全てマンツーマンでの授業になるため、学校というよりも英語を学びたいという共通した目的を持った人間が集まるゲストハウス的な感覚を持ちました。
カリキュラムに縛られて自分に必要ない学習をする必要がないため、密度の高い学習が可能です。


■プエルトガレラではどのような体験をされましたか?

折角の海外なので、できる限り色々見て回ろうと決めていましたので短期間の割には色々と経験ができたと思います。
日本ではまず経験ができない事として、ハロウィンパーティーにて、居合わせたプエルトガレラ市長が気さくにも写真撮影した事は良い思い出です。
ホワイトビーチでのパラセーリングや各種ショーの鑑賞、サバンでのシュノーケリングやケーブツアーも楽しかったです。
トライシクル他、現地の乗り物も味がありました。
価格交渉が正に英語のトレーニングになりますしね。


■PGLIはどのような方にオススメの学校でしょうか?

目的意識をしっかりと持った自律型の方にお勧めします。
受け身型の方は、おそらくPGLIに限ったことではないと思いますが、学ぶ事前準備ができていない方と思いますので特に海外の学校はおすすめしません。
一歩外にでればヨーロッパ系の方々も多く、その日学んだ英語を直ぐに試すこともできますので、アクティブな方にとっては更におすすめだと思います。


自分に足りないものを見つけていくことができるレッスンです。

野田 歩さまからコメントいただきました。

■TOEIC中心のレッスンはどうでしたか?'

満足できるものでした。レッスンをしていく中で自分に足りないものなどを見つけることができるので、とてもためになりました。また、TOEIC以外の先生との日常会話もとても楽しかったです。


■英語をたくさん話す機会がありましたか?

たくさんではありませんでしたが、程々ありました。授業中や食事の際の英会話は楽しかったです。


■部屋での生活は?

自分一人の時間を確保できるので、とても快適に過ごせました。DVDなども提供してもらえたので有意義でした。


■ホワイトビーチ&シュノーケルのご感想は?

ホワイトビーチはとても楽しいです。毎日いきたい感じです。友達もできたし、ファイアーダンス、ゲイダンスを見ることもできたし、とても満足です。何より色々な人達と交流をするという機会にめぐりあえてよかったです。シュノーケルは初めての体験できれいな海を肌で感じることができました。めっちゃ楽しかったです。


■プエルトガレラはどのようなところでしたか?

フィリピンという国ではない町でした。色々なものを見れるし、色々なことができるところです。とても楽しくアクティブな所です。でも、やっぱりフィリピンは発展途上国だというのが、かいま見れるところでした。遊ぶにはもってこいの場所です。


自分が今まで行った国の中でも楽園度は一、二を争う位に奇麗なところだったと思います。

Masa-Masaさんから体験談いただきました。

■教師たちとどのように授業を進めていきましたか?

教師の方達にはかなり自分の我がままに対応して頂きました。
もはや他の学校は無理だなと正直思いました。

キャシーとは主にテキストベースで勉強してわからなかった単語、会話の中で重要だと思った単語を自分でノートに取りそのノートの復習ベースで単語を重点的に覚えました。かなり重点的にレビューしてくれたので助かりました。地味でしたがキャシーの授業はかなり効果が感じられとても助かりました。キャシーとの会話はとても楽しく9週間?毎日とても楽しく過ごさせてもらいました。おかげで会話力も上がったと思います、本当に彼女は前向きで素敵な人でした。

レイチェルとは主に会話している事が多かったです。レイチェルが色々文法など教えてくれたのですがどうも文法の授業が苦手で彼女には大変な思いをさせてしまったと思います。また、文法の授業としてMy storyを作る事にして自分が取りあえずめちゃくちゃな文法で喋り彼女がそれをノートに取り直した物を自分が見て、ここ表現が何か違うんだよな~などとかなり我がままをいいながらMy story作りに手伝って頂きました。
また、毎日、毎日、彼女が空で暗記するくらいまで同じ話を聞いて頂きました。大分、スピーキングとMy storyの暗記にも役立ちました。

マイカにはひたすら辞書を暗記するのを手伝って頂きました。正直、自分も辛かったけれども彼女も相当大変だったと思いますが愚痴一つこぼさず付き合ってくれました。かなり地味な授業でしたが普通に会話していたら覚えない様な単語も覚えられたのでとても良かったと思います。
また、最後の日には自分がマイカに日常会話で色々共通の話題を質問してほとんどの返答を普通に理解する事が出来ました。


■留学前に勉強しとけばよかった!と感じたものはありましたか?

多いにあります。。。徹底的に単語力、文法です。この二つをもっと勉強してから留学していればどれだけ伸びたか・・・そう思わない日は無かったです。
もっとも、それが普段出来なかったから留学したと言う事もありますが・・・ただ、次回はもっと基礎を勉強してから留学したいなと強く思いました。


■休憩時間はどのように取りましたか?

休憩時間は散歩とストレッチで体を動かしリフレッシュしました。六時間、七時間とおっさんにはかなりハードな勉強時間で正直キツかったです(笑)時には筋トレしてみたりシャワーを浴びたりと言う感じで体を動かす事で脳もなんとかリフレッシュ出来たかと思います。


■週末はどのように過ごされましたか?

週末はボートで色々なところへ行きました。海がとても奇麗なのでボートに乗っているだけでも十分楽しいです。また、シュノーケルしてみたり海で過ごす事が多かったです。後は平日、疲れて授業の復習が出来ず週末に勉強している事も多かったです。
ホワイトハウスの山道を散歩するのも日課となっていました。プエルトガレラは何も無いけれどそれがいいただただ自然が美しく空気が澄んでいるので夕方の景色、太陽の光、全てが輝いて見えました。ただ散歩をするだけで大抵の事は気が晴れます。


■一番お気に入りの場所はどこですか?

お気に入りの場所は難しいですがやはり「湾」です。
ボートで海を渡る時の景色は最高です。海の洞窟もとても素晴らしかったです。あとホワイトハウスの山道を登りゴルフ場手前の開けた場所からの景色も最高でした。山道を下りホワイトビーチに行く道のすぐの売店でタバコとコーラを買って一服するのが好きでした。
ただの道ですがとても素晴らしい。
特になんでもない様なところが素敵なところがプエルトガレラの魅力だったと思います。島の人々、雰囲気もとても良かったと思います。自分が今まで行った国の中でも楽園度は一、二を争う位に奇麗なところだったと思います。

最後に事細かく手配してくれた山本さんとアンジェラには本当に感謝しております。フィリピン内での行動は大体山本さんに聞けば一発だし特に困った事もあまり無かった様な気がします。あまりにもフィリピンで楽をしすぎた為にコタキナバル空港について早々、日本円を両替出来ない挙げ句、ATMも使えない。。。マレーシアリンギを1リンギも持ってい無いで困ったなどの洗礼を受けまくりました(笑)
もちろんなんとかなりましたし、それも旅の楽しみの一つなのですがマレーシア、ブルネイ、インドと周り久しぶりに異国で、あ、どうしようみたいな場面の連続でした。

しかし、フィリピンでは殆ど山本さんが事細かくカバーしてくれていたので全く初めての国とは思えないくらいに楽でした。あの後、改めて山本さんが事細かくカバーしてくれていたのだなと実感致しました。本当にありがとうございました。

アンジェラはきっと自分の留学を三割は楽しくしてくれたと思います。彼女が居るだけで場の雰囲気がぱっと明るくなります。彼女とはかなり英語で話したと思います。授業以外の面でかなり自分の英語をのばして頂きました。なにより彼女には楽しませて頂きました。
本当に楽しかったです。
ありがとうございました。

行く前はフィジー、マレーシア、フィリピンと色々留学先を悩んでいたのですが山本さんの所に決めて本当に良かったなと思います。
なんだかんだと言ってこの半年間で一番、体重が多かったのはプエルトガレラでの日々でした。一番健康だったのもプエルトガレラの日々でした。
規則正しい生活、アンジェラのご飯、本当にありがとうございました。

いつの日かまたプエルトガレラに行きます。